Top > はりきゅうの適応・不適応

はりきゅうの適応

鍼灸治療の効果は、科学的に解明されつつあり、大学病院などでも積極的に取り入れられています。

  • 頭と目、顔の症状

    頭痛 ・ 偏頭痛 ・ 耳鳴り ・ 疲れ目 ・ 仮性近視 ・ 蓄膿症 ・ 咽頭炎 ・ 扁桃炎 ・ アレルギー性鼻炎 ・ 花粉症 ・ 顔のむくみ ・ 顔面神経麻痺 ・ 顎関節症 など

  • 足と腰の疲れ

    腰痛 ・ ギックリ腰 ・ 膝関節炎 ・ 膝の痛み ・ 足のむくみ ・ こむら返り ・ 足のしびれ ・ 足の疲れ ・ ねんざ ・ 足の冷え など

  • 婦人科系の症状

    生理痛 ・ 冷え性 ・ 便秘 ・ 月経困難 ・ 不妊症 ・ 逆子 ・ 更年期障害 など

  • 首・肩・腕・背中の疲れ

    首肩のこり ・ 五十肩 ・ 関節炎 ・ 寝ちがい ・ けんしょう炎 ・ テニス肘(ゴルフ肘) ・ 野球肩 ・ 野球肘 など

  • 内臓の疲れ

    胃のもたれ ・ 食欲不振 ・ 胃酸過多症 ・ 高血圧 ・ 低血圧 ・ 二日酔い ・ 吐き気 ・ 乗り物酔い ・ 下痢 ・ 便秘 ・ じんましん ・ 膀胱炎 ・ 気管支炎 ・ アレルギー性疾患 など

  • 心の疲れ

    イライラ ・ めまい ・ 不眠 ・ ノイローゼ ・ 神経症 ・ 自律神経失調症 ・ うつ病 ・ パニック障害 など

  • 小児の治療

    疳の虫 ・ 喘息 ・ アトピー性皮膚炎 ・ 便秘 ・ 食欲不振 ・ 夜尿症 など

ストレス、パソコン、デスクワーク、立ち仕事、運動不足・・・

気づかないうちに身体への負担はどんどん蓄積されています。

このような症状には、はりきゅう治療が効果的です。

そのほか、お気軽にお問い合わせください。

はりきゅうの不適応

  • 高熱を伴う感染症、泥酔時など
  • はりやきゅうの治療をはじめている場合でも、お医者さんへの受診が必要と判断した場合や、医療での治療が適当と判断した場合には、すみやかに当該医療機関への受診をお願いしています。


LastUpDate 2013-03-29 (金) 12:22:54

5926 2 3